カスタマイズ可能なBtoBのASPカート『楽楽B2B』 | 株式会社ネットショップ支援室 カスタマイズ可能なBtoBのASPカート『楽楽B2B』 – 株式会社ネットショップ支援室

  • HOME
  • カスタマイズ可能なBtoBのASPカート『楽楽B2B』

カスタマイズもできる、企業間ECの受発注プラットホーム

B to B 企業間EC取引向けのASPカート

取引先別の掛け率設定

BtoBの企業間取引をECで行う際に必須な、同じ商品であっても企業との取引条件によって販売価格を変える機能を搭載しています。取引先のランクを設定、掛け率の変更が可能です。

商品別、商談別の個別割引も対応

商品ごとの掛け率設定もできます。さらに商談ごとに決まった取引価格を設定することができるので、BtoBの企業間取引における、企業様によってBtoBの取引パターンが多岐にわたるケースにも対応することが可能です。

BtoB企業間取引の受発注ASPカート『楽楽B2B 』の、販路の設定も簡単に行えることを示した画像
BtoB企業間取引のASPカート『楽楽B2B 』お得意様取引先の掲載のケースを示した画像

クローズドサイト機能

ログインした場合のみコンテンツを表示可能です。

価格個別表示機能

ログインした場合のみ価格を表示することが可能です。ログインしたアカウントによって、表示する価格を変えることが可能です。

取引先別商品表示/非表示機能

取引先毎に商品の公開/非公開を設定可能です。

BtoB企業間取引のASPカート『楽楽B2B 』の決済手段が簡単に設定できることを明記した画像
『楽楽B2B』の決済手段 BtoB企業間取引の場合の、通常取引先と、お得意先との、支払い決済の有無について紹介した画像

BtoB取引先別の決済手段設定が可能

『楽楽B2B』では、BtoB企業間取引で必要な決済手段には標準連携しています。企業ごとに決済手段を制限することができるので、未回収リスクのある取引先は銀行振込で先払いの取引にすることで、受発注時の未回収リスクの軽減に繋がります。

特 徴

BtoBだけじゃない。BtoCカートとしても兼用利用が可能!

ユーザーアカウント毎に細かな設定の紐付けが可能なため、BtoB企業間取引時に、企業アカウントでのログインの場合は、卸売り商品や卸売価格の表示を、個人アカウントでのログインの場合は、一般消費者向けの商品や価格の表示を、というように、『楽楽B2B』一つで「BtoB」と「BtoC」カートを兼用できます。これにより複数カートでの受発注管理の煩わしさから開放され、ECサイト運営時の業務効率の大幅な改善が見込めます。

カスタマイズに柔軟に対応!企業間ECの効率化が図れます

BtoBビジネスは、商材や商流など、様々な要因から独自の運用が生じがち。

パッケージ機能だけではどうしても必要な機能が足りない

独自デザインの納品書を踏襲したい

自社の独自基幹システムと連携したい

こんなお悩みも、お客様個々のカスタマイズに柔軟に対応出来る『楽楽B2B』なら解決出来ます。BtoBでEC展開する際の御社の課題はこれで解決できます。

『楽楽B2B』のお問合せ電話番号の画像バナー

他にも、あなたのECサイト構築を支援できる製品があります。※詳細は画像をクリック

「アシスト店長」は、複数ECショップのデータの一元管理だけでなく、LTVの最大化をアシストし成功まで導く「一気通貫」システムです。 大きく分けて「受注管理」「在庫管理」「顧客管理」「分析管理」「メール管理」の5つの機能があり、受注から発送までの多くの作業を自動化します。モール・カート以外に、多数の送り状発行システムや物流・倉庫管理システムとも連携しています。
「楽楽リピート」は、定期購入・単品通販・リピート通販に特化した、ECサイト構築のためのASPカートです。 化粧品やサプリメント、ダイエット補助食品などに有効な定期通販機能が充実。初回限定価格や購入回数・顧客ランクに応じた割引も可能です。 また、フォーム一体型LPやアップセル・クロスセル機能、広告効果測定(ADコード発行機能含む)などもよく利用されています。
「楽楽CART」は、楽天市場店で店舗を運営する方向けに開発されたECカートです。 楽天市場店の商品CSVダウンロード機能を使い、簡単に商品登録できるようになっています。 楽天ペイやAmazonペイのオンライン決済に対応するなど、決済まわりも充実。 封入物設定機能やメルマガ・ステップメール機能を使い、モールでは出来ない後追い施策も可能です。
「楽楽BBC」は、メーカーと販売店が協力してお客様を開拓し、リピート率を増やす仕組みです。顧客情報の収集と活用、販売店の管理が手軽にできます。BtoB機能も追加可能。BtoBtoC×BtoBカートとして一元管理が可能です。
>