インタビュー/ディレクター | 株式会社ネットショップ支援室 インタビュー/ディレクター – 株式会社ネットショップ支援室

  • HOME
  • インタビュー/ディレクター

DIRECTOR

「さまざまな職種のプロから知識や情報を得て、
自分が活躍できる場を広げられることが魅力」

田口 涼子

RYOKO TAGUCHI

デザイナーという職種を超えて

Webデザイナーとして活躍したいという一方で、将来的にはデザインだけではなくディレクションやマネジメントにも携わることができることに魅力を感じ、この会社に転職しました。

これまで、コーポレートサイトやECサイト、ランディングページの企画・制作、ECサイトのコンサルティングや自社システムの開発などさまざま案件を担当し、デザイナーという枠を超えて制作業務やシステム開発業務に携わっています。制作業務はデザイナーの経験を生かすことができる部分が多いものの、システム開発業務に関しては分からないことだらけで、日々勉強でした。
伝えたいことをうまく伝えられなかったり、思うように進まなかったり。
全部自分でやらなければ気が済まないという性格もあって手詰りな状態になってしまったことがありました。
その時は本を読んだり、人の意見を聞いたりして自分の弱さに気づき、周囲の人を巻き込むことを覚えて乗り越えましたが、今思えば、いちデザイナーから卒業して、次のステージに進むステップだったんだなと感じています。

この経験を通して新しい視点を持つことができましたし、人としても成長できたなと感じています。
今後はデザインの価値を数値で証明できるディレクターになりたいと思っています。

一人でできる仕事はない

ネットショップ支援室には営業、運営、システムエンジニア、デザイナー、導入サポートなど、それぞれのプロが在籍しています。

デザインだけの会社でもなく、システムだけの会社でもなく、さまざまな知識や情報が得られる素晴らしい環境です。
その道のプロたちと一緒にゴールを目指す上で大事にしていることは、できませんと答える前にどうしたらできるのかを考えること、肯定意見も否定意見も両方聞くこと、しっかり聞いた上で自分の意見をどう話すか、です。
この仕事は一人でできるものではないので、関わる人が気持ち良く仕事を進められるように気を配ることも重要だと思っています。

これから新しい人が増えていくと思いますが、この会社は何かを決める時や始める時の個人の裁量が大きく、方向が間違っていなければ全てを任せてもらえます。
なので、一緒に働くなら、言われたことだけをやるのではなく、さらによくなるように考えることができる人、考えるだけでなく行動に起こせる人、自分の好きを仕事に生かしている人を期待しますね。
一人ひとりに魅力と実力が備わり、楽しく仕事に打ち込める会社にしていけたらと思います。

One day schedule

08:45
出社
09:00
メールをチェック。企画書作成や自社製品の仕様案叩き作成など
12:30
休憩
13:30
メール返信、制作メンバーの成果物レビュー、フィードバックなど
14:30
社内SNS確認。自社製品に関するメンバーからの仕様に関する質問、不具合内容の確認。必要であればSEへ調査を依頼
15:00
上長へ午前中に作成した仕様のレビュー依頼(個別ミーティング)し、フィードバック内容を仕様書へ反映
16:30
SEからの調査結果報告受け、対応方法の決定、メンバーへ共有
17:00
メンバーの成果物レビュー、フィードバック(2回目)
17:30
本日の進捗と明日の業務確認、日報作成
18:00
退社

相棒の道具

無印良品のノートにはスケジュールのほか、やることリストを書き込んで、退社前に確認するのに役立てています。
成果物のレビューをすることが多いので、書き込んだ指示などが分かりやすいよう、青色ペンも欠かせません。